MENU

消費者金融は外国人もキャッシング可能

消費者金融を利用できる人の条件を各貸金業者のホームページでは明記をしています。20歳以上の継続して安定収入のある人という事が各社共通して記載されている事柄です。そして中には、「日本国内に居住をしている」という条件を提示しています。これは例え日本人であっても海外に居住している場合には消費者金融の利用はできないという事を意味しています。
反対に日本に居住している外国人でも一定の条件を満たす事で、キャッシングが可能になります。

 

 

 

 

【外国人が消費者金融を利用するには】

 

外国人が消費者金融を利用するには一定の条件があります。
1. 外国人許可証を取得し永住許可を取っている人、または日本語が話せる人
2. 国内に住所がある人
3. 安定した収入を得ている人

 

以上の条件に当て嵌まれば消費者金融でのキャッシングは可能になります。
永住許可を取っていれば借入れができるのですが、永住許可の無い人でも日本語が堪能である事と、外国人許可証があれば借入れができるようです。

 

 

 

 

【永住許可を取るには】

 

永住許可を取る事で消費者金融の利用ができるだけでなく、在留期間を更新する必要がなくなり、希望の職種に就く事も可能になります。その為には「法務省地方入国管理局で永住許可申請」が必要になります。

 

それでも在留カードの更新は必要になりますが、日本人との婚姻や帰化によってその必要は無くなります。

 

永住許可を取る為に必要な事は以下のようになっています。
1.素行が善良である
2.独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有する
3.申請者の永住が日本国の利益に合すると認められる
4.引き続き10年以上継続して日本に在留している

 

このような条件付きで永住許可を取る事ができるのですが、長い期間日本で居住をしていて問題を起こす事もなく、日本人に利益をもたらす様な技能を持っている人、日本人に対してそれを伝承する事ができる人がその対象となり得るようです。
また日本という異国で居住をしながら、生計を立てて行ける職業や資産を持っているという事も大切です。

 

このように日本に居住をしていて日本の社会に順応する能力のある人ならば、消費者金融の利用ができるという事です。